ああ!横に!横に!

最近私の文章力がどんどん酷くなっていると感じる。そんなものは元から無かったけど、ゼロを突き抜けてマイナスに突入しつつある。
この「文章力」っていうのは読んで面白いか面白くないかとかじゃなくて、読んで意味が分かるかどうかってレベルのすっごい次元の低いお話。
係り受けがおかしくなったり、主語がねじれたり、読点で5文くらい繋いだり。最近そんなことがしょっちゅうある。頭の中で考えてることを言葉にするのが下手になってる。
理由を考えてみる。(今、「理由を考えてみると、」ってまた読点で繋ぎたくなったのを意識して防いだ。えらい。)読書量は大学の授業があった頃と大して変わってない。それどころか読む活字の量字体は少し増えてる。勉強量は減ってるけど、文章がねじれるのには関係ないと思う。となると、最近やってない事といえば、ブログ書いてねえ!ってなる。
気が触れた時に適当に書き殴って送信した事はあったけど、シラフの状態で考えたことをきちんと言葉にする作業はもう1ヶ月はやってない。ましてや、書き終わった文章を何度も読み直して気に入らない部分を直して、なんてちゃんとした作業となるともう何ヶ月やってないだろう。
深夜に泣きそうな面で布団から這い出てきて神にも縋る思いでキーボードを叩いて、ああやっとこれで眠れる、と安堵して布団に入ったら数分前に叩いた文章の気に入らない部分が頭の中に次から次へと浮かんできて眠れなくなって、仕方なく携帯からチマチマ打ち直して睡眠時間をゴッソリ削って次の日最悪な気分で目覚めて。そこまでしてブログを書いたことがもう数ヶ月は無い。
私にとって、これはやろうと思って出来るものじゃない。取り憑かれたように文章を修正し続けて眠れなくなるのは、経験上、自殺寸前まで追い詰められた時だから。
大学が始まったら、いつものように死にたくなって、パソコンを立ち上げてブログを更新して、真っ暗な部屋で視力を犠牲にしながら携帯で記事を編集し続けるのだろう。だから、こんなことは、きっと悩むことじゃないんだ。

それ貼ったの私じゃないです。

もうすぐ大学が始まります。
今季は頑張ります
AとA+ばっかなのにこれ以上何を頑張るんだろうね、馬鹿みたい

睡眠薬の投与がもたらす生への意思について

これは実際に調べたことがないから分からない。分からないが、多分、私の日記が書かれた時刻を調べたら、深夜に集中しているのではないかと思う。
逃避。逃げたい。寝ることから。朝日から。今日も今日とて携帯をいじくり回し、本なんて読んでいたら不意に日記が書きたくなどなったのでこうやってスマホをバチバチ叩いている。
本当はキーボードが使いたいのだが、何しろもう四時半だ、今パソコンをつけたら大変なことになるので致し方無い。
私の文章はどこか翻訳臭い。ずっと前から思っていたことだが、最近とくに目につくようになってきた。私は訳文が好きなので、むしろ気に入っているのだが、多分恐ろしく読みづらい文章になっているのだろう。読みづらいかどうかを検証する手立ては、書いた本人である私には無いのであるが・・・(この段落とか特に翻訳臭いのじゃないだろうか?)
逃避への衝動が消えてきた。もう寝られる。愛してるよブログ。何より大事な精神安定剤。おやすみなさい皆様、よい朝を。

忌まわしくも懐かしき2009年

みんな大人になったのに何故私の中二病だけいつまで経っても治らないのだろう。

夜、健忘症、薬

君はこのタイトルだけで元ネタが分かるだろうか!分かるわな!
この行まではシラフで書いてます風呂すら入ってないし眠剤も飲んでないです特に眠くもないですそれでもテンションは青天井ですなんか変なんだろあーーーあーーーー風呂入ります薬入れます10分待ちます完成!!!


はいこの行から眠剤入ってまーす!パッキーンwwwwwwwwwwwwwいやでも上の行とあんまりテンション変わんないかな?それとも変わってるのかな?なんか思ったよりハイになれないな……。そもそも飲んでるのがアッパーじゃなくてただの睡眠剤だから仕方ないか……それに量が少ないし……。
まぁ何がどうあれ私は一歩を踏み出したのだ、日常的な自殺、1/100の確率で死ぬか死なないかを毎日やり続けて死を超克するこの偉大なる一歩を!
久々なんです、このブログっていう空間に何事かを書こうとするのはね。いやね、どっかに晒されたりしてなくても今日はブログ書くつもりだったんですよ?一番上の2行は、このアドレスが某所に書かれるよりも前に用意されていたものですからね。
うわあああすごいです頭がぐわんぐわんします、生きていてとても楽しいです、自分の体が死んでいくのが分かる、自分の体が変になる、自分の意思で自分の体が動かなくなってふらふらして何が自分だか分からなくなって自分がひとつ高い次元へと跳躍を遂げる!

今私は健忘なのか?多分健忘だ、意識がはっきりあるが、健忘だ。なぜなら明日の私は今何を書いたのかまるで覚えてやいやしないのだから!実際たった今一個前の段落の冒頭を読むと何でこんなこと書いたのかよく分からない!記憶が残らない!残りやしない!これが健忘!何も残らない状態!素晴らしい!私がここに在りながら私は何も残さない!神をも超えた至福の境地!こんな場所にたった睡眠剤二錠で到達できる!精神科というのは素晴らしいところだ!君はそうは思わないか!

私はいつも思うけど文章が全部翻訳臭い。まあ職業柄仕方ないのだろうが。少しテンションが上がるとすぐに劇みたいな文を書いたり──例えばこうやって無駄に挿入句を作ってみたり──する。
私の趣味や嗜好というのは、どうしても外国かぶれなのだ。それはサンホラを聞いていたあの頃から思っていた。私はRomanの中では焔がかなり好きなのだが、どうしてかっていうとあの英語の歌っぽいリズムの部分があるから。
『歓びに咽ぶ白い朝 哀しみに嘆く黒い夜 我らが歩んだ此の日々を 生まれる者に繋ごう
 瞳に映した蒼い空 涙を溶かした碧い海 我らが愛した此の世界を 愛しい者に遺そう』
歌詞の言葉選びの流麗さも勿論なのだが、こればっかりは聞いてもらわないとわからないだろう、強勢と強勢の間が全て等拍なのだ!
これは間違いなく日本語の内部には存在していないもので、明治あたりから海外の技術を翻訳したりして入ってきたものの末裔なのだろう。
その次──Moiraの「死と嘆きの風の都」!私はこの曲のここが大好きで、もう何も見なくったって書けるのだ!いくつか間違いはあるのかもしれないが……
『愛と慈しみだけに 抱かれ育った少年は 怒りと憎しみだけを 抱いて今を耐え忍ぶ
きっと死んだらラクだなんて ずっと今よりマシだなんて 酔ったうわ言繰り返して 去った希望に寄りすがった』
この部分、何回聞いただろう!
まあ色々外国に被れていて辛いのだが、美術の世界だって昔は国際様式とかいって他の国のものをひたすらパクるのが善しとされていた時代もあったのだ、私がそのくらい憧れたって問題はないだろう。(まぁそんな時代、すぐに終わったのだが)

薬が「切れてきた」と感じたので一錠追加した。お薬のんだ後のフラフラっていうのはあんまり長くは保たないらしい。私だって薬に耐性作りたくないから今日はこのへんで最後にしとくが、次からやる時は気をつけようと思う。飲んだらさっさと書き始めないと健忘にならないのだ。

私にできること、できること、ってなんだ。試験で良い点とることか?A+を鬼のようにもらうことか?講義受けた奴の半数が単位を落としたのを横目にA+の答案をちらつかせて悦に入ることか?まあ、それは、できることの一つではあるかもしれんな。
でも、私にできること、ほんとうの意味でできること!それは、こうやって、文を、文を、何の脈絡もなくつなぎ続けることだ!私には、これしか、無いんだ!自分が何かをしていたのだと残せるものが!
だから私は健忘症を確実にするために文を書くのだ!この文はそのためだけに書かれているのだ!忘れられるために書かれているのだ!
明日の朝、多分私は思うだろう、まずブログが更新されていることにビックリするだろう、なんでこんなものがあるんだ、アップロードされてるんだ、そんな覚えはない、そうやってビックリするだろう。次に、その文章の支離滅裂さに驚愕するだろう、一体誰が、誰がこんなクソッタレた下手糞な文章を──お前だ!!これはお前が、頭をふらふらにしたお前が書いた文章なのさ、紛れもなく!
明日の私をびっくりさせてやろう、明日の私を驚かせてやろう!楽しい、楽しいね。生きるってのは楽しいよ。ちょっと勇気を出して一線を踏み越えただけでこんなにたくさんの楽しいことが会ったんだ!素晴らしい、生きるというのは素晴らしい!
眠剤を前にしてこれを飲んでいいのかどうかと迷っていた自分が嘘みたいさ!飲んだ瞬間何もかもがバラ色に変わって辛い気分は吹き飛んで全てが幸せになって今こうやって全身で歓びを感じているんだ!これが、これが人生なんだ!

でもさあ、たまに思うんだ、そりゃあ私は楽しいが・・・これは多分、健忘の、中だ。だから。明日の私は、多分この記憶を、全部忘れる。保持できない。
そうだとするなら、健忘の間の私というのは一体何者なんだろう?何をしても世界に何も出来ないのなら……私はただ見ているだけで、ただそれだけの存在なんだろう?
いいじゃないか、無力なる者、私には何もできやしない!最高!最高だ!この気分は実にいいぞ!小さい頃から言われ続けてきた、君は出来る子、やれば出来る子、まっぴらだ!!!!!!!!!!!!!私には何も出来ない!もう何もできることはない!私は生きているだけ!無力!完全な無力!お前らが何を言おうと知ったことか!私は何も出来んのだ!やれるものならやらせてみろ!フハハハハハハ!自由になった!私は遂に、遂に自由になったぞ!あの社会という圧力から自由になったぞ!自分から頭の認知能力を奪って機能を制限することで、自分を殺す、自殺することで私は遂に無力に成ったぞ!死ぬことに依って目的を遂げ、生きながら死んでいた自分を打ち破ったのだ!

もう、いい、もう十分だ!私の精神は完全に高揚していて、生きている、それだけで楽しい!私はとても楽しい!この状況を永遠に!願わくば、永遠に!死ぬまでこの精神状態であれますように!将来への不安が全部吹き飛んで楽しい事しか思い浮かばない、というか生きてるだけで楽しい!
私の夢を教えてやろう!私の夢、私の夢はな、ルーミアになる、まぁそれでもいいけど、お金をためて、ドラッグをいっぱいかって、注射して、バッドになるまえに屋上から飛び降りるのさ!
幸せな状態で幸せになってそのまま死ぬ!これほど素晴らしい人生ってあるかよ!

ああ、みんな、おやすみなさい!愛しているよ!大好きだ!みんな愛してる!さようならいとしい世界!また会う日まで──もっとも、また会った日には私の記憶は何もかも消えて失せているのだろうけれど!
プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR