結論

うつ病は現実に光明が刺せば1日で治る。
さもなくば、死ぬまで治らない。

希望について

眠剤飲んで。カッキーンと。

この10日くらい、なにもしないでずっとひたすらに寝ていたのだけど、

人生に希望を見つけて、その途端に色んな事が出来るようになって、充実した1日を送って、

結局、1年が経過しても尚、私の「××学に興味を失った」「再受験したい」という思いは変わることがなかった。
自分の本当の思いに気付いた瞬間、うつも過眠も跡形もなく消えた。

何を犠牲に振り払ってでも、私は絶対に生きるよ。

にゃうにゃう!!

眠剤飲んで完全にパッキンな状態で書いてます。だめな子ですね。
精神科に通い始めて半年が経ちました。確かに対症療法としては精神科は有効だと思います。しかし××学の事を考えるとそれだけで自殺したくなることは一向に改善しません。現実が詰んでいることも改善しないですし、精神科は私を治してくれることはありません。半年通ってようやく分かりました。
結局、現実に問題があるからうつになるのであって、その逆では無いのです。現実を改善しない限り、うつは治らないのです。

勿論精神科に通って良い事もありました。少なくとも着替える事すら身体に力が入らなくて出来なくなったり、自転車を漕ぐことが出来なくなったりすることは無くなりました。でも、精神科に出来ることはそこまでです。
薬を飲んでいれば何もかも治るというわけではありません。ここから人生を勝ち取ることが私の戦いです。

絶望の淵

もう無理だ
床に臥せて4時間が経つ

私は高機能アスペルガーで、
何かに没頭していないと生きていけない

その何かは砕かれ、

感情は全て粉々になって

結局精神科は私を救わなかった
人生が絶望的に詰んでいる
精神科がしてくれるのは、現実からほんの少し目を逸らさせてくれるだけだ

現実に目を向けた瞬間、何もかもが砕け散る
薬をいくら飲んでも、どれだけ精神科に通っても、
これは全く変わらなかった

現実が詰んでいるからうつになっているのであってその逆ではない

休学して一年が経ち、
いろいろなことあったけれど、
結局、人生が詰んでるのがすべての原因で、
それが解決しないから何も回復しないということ、

正常な人間の正常な悩みで正常に詰んでいるということ、

私にわかるのは、それだけです

いやー

落ち着くっていいもんですね。最高か。
家族にヘルプ打って数時間泣いて薬飲んで、どうにか元気になって。
しかし根本的な問題が解決してないのでまたああなる可能性は否定出来ないのです
プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR