誕生日

私の誕生日は12月07日です。



昨年の私へ。
私は誕生日にいつも来年の自分に何かを願います。
今はもうこの日記を何も見たくありません。だからあなたがなにを願ったのか私には分かりません。
ただ、恐らくうつ病関連のものであることは推測されます。
あなたのうつ病はSNRIの投与によって確実に改善しました。
去年よりは動けているはずです。
12月05日、あるいは12月06日までは。




来年の私へ。
生きていてください。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 死にたいと思い続けるとなんだかおかしな気分になる。
 死の勇気がない自分に絶望しているように見せかけて、安堵している。
 でもこれには違和感がある。理不尽だと思う。おかしさが溢れている。

 それを探し続けたら、私は誕生こそが諸悪の根源だと思うようになった。
 キーワードは悲しみの主体だ。

 誕生しなければ悲しみは生まれない
 誕生しなければ苦しみは生まれない
 誕生しなければ理不尽は生まれない

 自然に湧いた親への憎しみ、ただそれだけを頼りに少し生きた。
 だが時が思考を連れてくれば、気がついてくる、気がついてしまう。

 親は生んだ側の人間であり、誕生させられた人間でもある。なら祖父母を憎めばいいのか? ご先祖様か? あるいは猿? 地球を? 太陽を? 時を? 宇宙を? 神を? 人間様の倫理に道徳ってのもあるか? 世界はどうだ? 悪いのは全てか?

 被害者でしかない人間は、どうすれば救われる? 救いを求めている時点で手遅れか?

 親が性行為したから私が生まれたことが真理だとしても、
 親が性行為しなければ私が生まれなかったとは思えない

 私は虚無から来て、虚無へ還る。
 宇宙からは逃げられない。誕生からも逃げられない。

 誰かが言っていた、人生結局何から逃げるかだと。
 だが一体、人間が何から逃げられるというのだ?
 ああ、むなしい。ただむなしい。死からも生からも逃げられないというのは。

 よければ今度将棋しよう
プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR