私はいつから頑張れなくなったのだろう。

分からない。

私は相当に頑張っているはずだ。

昨日は霧雨が降る森を終わらせたし、
今日も必要な進捗を行ったし(もう何日も連続で出来ている)、
あと、シノアリスでファフニール行ったし(ゲームとはいえボスの対策を調べるのが1年近く面倒だったのにちゃんと行ったのだからこれは相当と言える)、
あと少しSteamでゲームもやっていたし、
傍目に見れば、うつ病患者だのに、相当に頑張っているはずだ。

でも私は頑張っていない。

いつも「あと1タスク何か出来るだろう」という気持ちがある。
今日だったらあと何か1ゲーム出来るか、するべきだと思う。
精神安定剤を飲んだから体に力も入るようになったし、集中力も戻ってきた。

なんで私は残りの時間で次が出来ないのだろう。

うつがひどいのはたしかなんだ。でも何かしたいのもたしかなんだ。そしてそれが負担になるのも事実なんだ。
過去の誤った闘病の時期が私を未だに縛り付ける。
「頑張りすぎてはいけない」。
そう。私は頑張りすぎて壊れた。
取り返しがつかなくなった。

だけどもういいだろう。
いい加減手を伸ばすべきだろう。
目の前に降りてきた、「うつ病からの解放」という光に。

そこで手が伸びないのは、伸ばさないのは。
死んだ人間の考えで。

そして私はもう死んでいるからだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR