発達障害とうつ病(双極性障害)について

発達障害とうつ病の関連は様々な場所で指摘されています[要出典]。
でも、どうして発達障害だとうつ病になるのかはあまり語られることがありません。

というわけで画像にしてみました

縦に長いけど読むのは短いです。



勿論、夢中になれる事がある方が人生幸せなのは誰でもそうですし、
自分が特殊な人間であると言い張る気は全く無いのですが、
ただ、発達障害というのは、凄くそれが極端で、
生きるのが、すごく辛いものなのです。

この感覚自体は以前から薄々気付いていたことではあったのですが、明確に感覚を掴めたと思うのは今日が初めてです。
多分、同じようなことを感じている人も多いはずです。
でも、インターネットで検索してもあまり出てきません。

このサイトはgoogleから(1日に5アクセス以上ある特定記事を除くと)1日に3~10件のgoogleからのランダムなアクセスがあるので、
ひょっとしたらこういう事を書いておくと将来誰かの助けになるのかもしれないと思って、画像にしました。

ちなみにどうして今日感覚を掴めたのかというと、
今将棋を18時間くらいぶっ続けでやっていて、
何の疲れも感じていなくてあと10時間くらい活動できそうだからです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR