眠れない

ので日記でもつけようと思った。久々に。
なんでこんな間が空いたかというと、9月中は諸都合でそもそも日記をつけられず、
10月は別館の更新に忙しく、あと何より、

この日記を更新しようとする気力が、無かった。

私の鬱病は薬を飲んで尚、どんどん酷くなっている。薬を飲んでいなければどうなっていたのかは最早想像もつかない。
躁転と鬱転の周期はどんどん短くなっており、加えて転換する予測もますます困難になっている。もう私にはどの自分が本物の自分だか判別がつかない。
鬱の時には体に上手く力が入らず真っ直ぐ歩くことが不可能になり、階段を一段降りるのに何秒もかかったりする(親には本当に奇異の目で見られたものだ)。
そんな状態に数時間おきに起こるものだからありとあらゆる形態で私は労働することが出来ない。アルバイトをすることすら出来ない。何しろ入れたシフトの時間帯にうつじゃなくいられるかどうかなんて予測が土台不可能なのだ。うつだったら最悪歩けないのでそもそも外出自体が不可能になる。
生きることに対して本当に罪悪感を感じている。

これに加えて、本当に何ごともやる気が起きない。
「やる気が起きない」という言い方では少しニュアンスが伝わらないかと思う。「あれがしたい」「これがしたい」といった感覚が全て頭の中から消え失せ、布団の上で横になり、何も考えずぼーっとしているだけになってしまう。その状態が何時間も何時間も、というか無限に続く。
少し気を抜いていると、朝起きて、布団で横になって、何も考えずぼーっとして、夜が来て、また寝て、そんな生活を1ヶ月くらい平気で繰り返してしまう(というか、現に2ヶ月やった)。
最近はどうにか根性で映画を見に行ったりゲームをやったりしているが、それすらも私には非常にハードで仕方がない。
「ゲームをやる」というのは本当にハードルが高い。鬱病で集中力がないのでプレイ時間が2時間を超えるゲームはプレイしたくない。そうなるとどうしても短めのフリーホラーゲームに落ち着く。
それでも尚敷居は高く、昨日と今日は何も出来ず、本当にただ寝て起きるだけの生活だった。

「日記を書く」というのは私の中でかなりハードルの高い行為で、今のように眠れないときか、もしくは本当に元気な日にしか行うことが出来ない。

この広漠とした虚無が広がっただけの生活が後何年続くのかは見通しもつかない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR