大学に入ったみんな、好きなことをひたすら続けようね。例え誰一人見ていなくても、ずっと。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22844247

昨日久々に荻野ラップ聞いてさー。荻野先生の動画漁ってたんだけどさー。そしたらこんなの出てきてさー。55分もあるのに、静止画で音声だけなのに、気づいたら全部聞いちゃってたよね。

内容は全部は同意出来ないけどさー、例えば最初に「勉強だけしても役に立たない」みたいなくだりがあってさ、私は色んな意味で「本当にそうか?」って思うけどさ。大学でこそいっぱい勉強した方が絶対に仕事出来る人間にはなると思うよ。



それはさておきとして、だ。

一番大事なのはこのくだりだよなぁー、と私は思うんだ。




「好きなことをすれば金は後からついてくる」




「良いですかぁー?皆さん、金を目標にする人間は絶対に金持ちになれませんよ。これだけは絶対言える。金っていうのはねえー、好きなことをやっていたら気づいたら脇にポンと置いてあるものなんですよぉー、ぉーん」
「(今話に出てきた人は)ホームレスで1日300円で暮らして、3年で11万貯めて、それが今じゃ年商100億の社長ですよぉー?」
「どうやったら成功できるんですかってテレビで聞かれてたんだよねぇー、ぉーん、そうしたらその人こう断言したんだよねぇ、『好きなことを続けることですね』と」
「『信じてもらえないでしょうが』と前置きはしてたけどねぇ、ぉーん」
「『ホームレスになる前、会社に勤めてた頃は金はあった、でも楽しくはなかった。ホームレスになってからは毎日が楽しかった。壊れた電化製品を直して中古屋に数百円増しで買い取ってもらう生活は、まるで壊れた自分の人生が生き返るようで、とても楽しかった』っていたんだよねぇー、ぉーん、まぁ電化製品に自分の人生を重ねていたんだろうねぇ」
「それで結局年商100億よ」(※純利益いくらか知らないけど)
「これだけは僕(荻野先生)も絶対に言えますね。金を目標にした人間には絶対に金は入ってこない。好きな事を極めたらいつの間にか後についてくるもんだよ、ぉーん」


いや、個人的にはこのくだりについても「本当にそうか?」感が強くて、n=2である以前の問題として昔ならともかく今はそれは成り立たねえだろ、とは思うのだけど、しかしこれは「金」を別のモノに変えたら現代でそのまま成り立つんだよなぁーと私は思うわけだ。






「好きなことをすれば金は後からついてくる」






これは間違っているけれど、





「好きなことをすれば承認は後からついてくる」




そう、「金」 を 「承認」 に変えたらね。
これは、絶対に正しいんだ。





承認。





我々若い世代が、金よりずっとずっと求めるもの。



私はさぁー、ずーーーーーーーっとむーーーーーーーっちゃくっだらねえツイートばっっっっっっっっかりしてるわけ。丁度2010年、この日記が始まった年、ついったーに来た年から。7年も、ずーっとだよずーっと。くっだらなすぎて誰もふぁぼんねえような、人格を疑われるような寒いツイートだってなんだってずーっとしてるわけ。
更に前から言うとさぁ、私twitterの前にはvipthっていうVIPのパートスレにいてさぁ(もう今の子はVIPもパートスレも意味わかんねえ単語かもしんねえけど)、まぁ「ルーミアになりたい」から始まる妄想を1日に同じスレに平均して100回くらい書き込んでたんだよ。毎日だよ毎日。一番ヤバい時は1スレに200回書き込んだ事もあったね。コピペとかじゃなくて手動で、内容も全部重複しないでだよ。スレッドの1/5が私だよ。そんなキチガイじみたこと毎日やってたの。ヤバいわな。私の「ルーミア厨」って名前はそっから来てるんだよ。これ、私が名乗ったんじゃなくて私に対する蔑称なんだ。元はね。当時も気に入っている名前だったし、今でも気に入っているけれど。
まぁいずれにしてもキチガイじみた所業に与えられた名前である事は間違いないわけだが、



だけどさぁ、楽しかったんだよ。楽しかった。



その結果としてtwitterに移住したとき、私には既に30人の相互フォロワーがいた。その中にtwitterを私より前からやっている人がいて、少しvipthの外に輪が広がって。それだけでもまあ、まず「好きなことをやった」価値があったわけだ。

そんなこんなで暮らしている中、とあるついったらーの某ツイートがRTで流れてきたわけだ。公式RTが実装された後の話だね。
私は本気で腹を抱えて笑ったんだ。今でも憶えているけど、ついったーで本当に笑いすぎて死にそうになったのは、その時が初めてだった。どうにかマウスが握れるようになると、すぐにその人のホームを開いた。ツイートもリプライも何もかもが面白かった。こんな人間がこの世にいるのかと思った。

それからだ。私がふぁぼ乞食になったのは。当時はネタクラスタという呼称ですらなかった。「赤ふぁぼ」だよ「赤ふぁぼ」、そういう時代だよ。元々VIPPERでガ板民でネ実民でν速民だった私はコピペ改変が大好きだったし、たまたまフォローが帰ってきたその人と比べるのなんておこがましいような寒いネタを考える作業を一日中続けては帰宅してから投下してたんだ。(フォローが帰ってきたのは面白かったからじゃなくて単にアイコンがタオルケットをもう一度2のラストシーンだったからだよ。)
だけど主にvipthの皆が私の頭を心配したよ。なんせ私つまんねえんだもん。私が面白かったことなんて人生でいっっっっっっっっっちどもねえからよ。


だけど、さぁ。




楽しかったんだよ。



楽しかったから、ずっと続けたんだよ。




その結果私は最終的に、2011年1月版のふぁぼられランキングで、ギリギリ日本98位に入れたわけだ。まぁ、マジで末席だし、私は私が面白かったとは今でも思っていないんだが、
(ただ当時の私が面白くないのについては別の理由もあって、そもそも2010~2011年には所謂オタク構文が発明されておらずネタの先鋭化のやり方も確立されて無くて当時のトップツイートを見ると私以外のツイートも今の人から見ると「なんでこれが当時人気だったんだ?」と思うようなツイートばっかりだと思うんだが、でもそれを出来る人というのは当時本当に一握りだったしすごかったし当時面白かった全ての人を私は心から尊敬しているんだよ)、

まぁ、いずれにしても高校3年生にしちゃ大成功だわな。

日記もさぁ、書いて書いて書き続けたんだ。誰が読むんだろうって思いながら。だけどずーっと書いてたんだ。思ったことがある度に、書いていた。だけどやっぱりこれもパクリなんだよな。
分かる人はフォロワーにはいないだろうけど、Diablo3とか、最近だとDota2の実況とかで有名な、まぁとあるブロガーのパクリだよ、私の日記は。劣化コピー以外の何物でもない、ただの正真正銘のゴミクズだ。こんな駄文は一文字も読む価値の無い、もし読んでいる奴がいたとしたらそれは社会上のおつきあいかあるいは本気で気が狂っているか、まぁ何かだ。
そんな事は7年前からとっくに分かっていたし4年くらいアクセスログも取っていなかったしだぁーれも見てないだろうと思いながら、今と違って更新の報告すらタイムラインにする事もなくずーっと書いていたんだよ。正気の沙汰じゃない。



だけどさぁー。






楽しかったんだよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。



それで、楽しかったことをずっと続けて、




そして私が得たもの。




Ib 考察」で検索すると私の日記がWiki除いてトップヒットするわな。
しあわせの理由 感想」で検索すると私の日記がamazon除いてトップヒットするわな。
"ひとりっ子" イーガン 感想」で検索するとamazonと読メ除いてやっぱり私の日記がトップヒットするわな。
けものフレンズ.exe」で検索すると私の日記が2ページ目に出てくるわな。(少し前まで1ページ目だったんだけど。泣きたい。)まぁでも個人サイトのレビューでだけ数えれば2件目だ。まほらぼを1件目に数えるのはまぁアレだけど。超激辛ゲームレビューは個人サイトじゃないので除外。
あと「パズドラ つまらない」で検索すると私の書いた日記が未だに1ページ目に出てきたりとか。(これはあんま見てほしくないが、特にパズドラやってる人には。読めば分かるけど私はパズドラ自体は凄く面白いゲームだと思っています)
あとこれは割とどうでも良いけど聲の形のレビューは某パパさんにRTされたわな。あの時たくさんの人がtwitterに聲の形のレビュー記事投稿ツイートをしてたのに、何で私と他数人だけがRTされたのだろうね。

パズドラと聲の形は割とどうでもいいが(よくない)、Ibっていう超有名ホラーゲームの考察、私が日記投稿した瞬間に新しく書く人がほとんどいなくなっちゃったんだよね。
あの特大ホラーゲームの考察()とかいうジャンルを私が一人で終わらせてしまったのよな。敗北を知りたい。

そして、イーガンの短編集。
今思うとSF読んで2冊目でイーガンの感想書くとかあまりに冒涜的な事してるわけだが、まぁなんでか知らんけど書いたもんについてはトップヒットするし他の感想見てもまぁろくなもんがねえ。私の感想もろくなもんじゃねえがそれ以上にろくなもんじゃねえ。(正直SF読み勢は年に10冊も本を読まなかったような人間に、SF2冊目でーすwwwwwwとかいう人間が書いたレビューで質に遥かに劣っているという点についてもうちょっと反省して欲しい。イーガンの言ってることくらい誰か1人くらい分かれよ。どいつもこいつも頓珍漢なコメントばっかりしやがって。[※私をブロックしたイーガン好きの某人への私怨ではない])

だけどまぁなんでイーガンの言ってることがわかったかって言ったら私が昔から哲学大好きっ子で哲学的な何かを穴が開くほど読んだし、この人の書いた概説書は全部読んだし、大学入ってから心理学と生物学と認知科学の勉強を意味もなく大学でそれなりにしたからだわな。
だって、好きだったし、楽しかったから。(※哲学的な何かは科学の話はガバらしいので読まないほうが良いと思うし、今はもう哲学の部分についてすらこの人の考えることには必ずしも同意しないけれど。)

どうしてIbの考察が出来たかって言ったら大学でキッチリお勉強して「そういう」読み方を仕込まれたからだわな。そして美術の物語を読んで、ああ、レビューってこうやって書くのか、ってことをなんとなく分かって、ああ、私もやってみてえ、って思ってそれをどこかにぶつけたかったらたまたま手元にIbがあって試作品がアレだったわけだわな。
なんでレビュー書いてみたいと思ったかって、私が好きそうだったし、書いてて実際楽しかったから。

いや、まぁ、だから荻野先生がどういうかは知らんけど、大学入ってからもやっぱりお勉強は大事なんですよ。お勉強しないと、何にも語ることが出来ませんから。我々は。今挙げたものだって、上のレビューを支えている、ほんの些細な一部に過ぎないわけだし。まともな頃の内田樹とか小田島隆とかにもバッチリ影響受けてますよ。

まぁ、いずれにしてもだ。





「好きなことさえ続けていたら、金は後からついてくる」





これはさぁ、現代においても間違いなく正しいんだよ。





「好きなことさえ続けていたら、承認は後からついてくる」





人々が金よりも承認に絶望的に飢えている、こんな世紀末みたいな時代においても、
「やめられないくらい好きである」ということは、それだけで武器なんだ。




世の中、何が何の役に立つかなんて、わかんないんだよ。
意味もなく好きだからというだけでした認知科学の勉強が、イーガンの短編集を読むのに役に立って、今こうして私の承認を支えてくれることになるなんて、思いもしなかった。
意味もなく好きだからというだけで読んだ美術の物語が、Ibというゲームについて考えるのに役に立って、今こうして私の生命を支えてくれることになるなんて、思いもしなかった。


あとついでに、最近始めた駄コラ。
10枚作っても1枚もふぁぼられない事がほとんどなわけだが、それでも私は作り続けた。
だって、楽しかったから。
そして結局これだけ異常に伸びてしまって、リツイート4.8k、ふぁぼられ2.2k。

好きなことさえ続けているのなら、絶対に何かが起こるんだ。画家も黒猫も死んだけど、私は死ぬための人間だしな。







なんで今こんなこと書いてるって、荻野先生の話を聞いて久々にスイッチが入ったのもあるけど、今年は珍しくフォロワーに大学に入る人が多いんだわ。

だから私は、大学に入る人に、あるいは今大学生の人に、
ホームレスから年商100億の社長になった人間と同じく、荻野先生と同じく、比べるのもおこがましいような人間だが、恐らく同じくらいの確度を持って、告げたい。










あなたの好きなことを、何の役に立ちそうに無くても、誰一人見てくれなくても、どうかずっと続けてください。

承認も結果も人生も生命も、絶対に後からついてくるから。

コメントの投稿

非公開コメント

好きな事がことごとく無くなってしまひました。

Re: タイトルなし

> 好きな事がことごとく無くなってしまひました。
萩月様(いえ、ついったーでの呼び方をすべきかどうか分からないので、とりあえず当記事ではそのようにお名前欄に入力されたようにお呼び致します、)、コメントありがとうございます。
萩月様とは、知り合ったばかりで(いえ、フォローしてから相当長いのですが、7年もついったーをしているとやはり短い方に入ってしまうのです、すみません)、どのような事が元々ご趣味だったのかは分からないのですが、
ご趣味であったことがなくなってしまったのであれば、病院によってSSRIやSNRIの処方を受けると改善するかもしれません。

また、当然のことですが、
萩月様は私と同じ病気を患ってらっしゃいますので、
それによって鬱が引き起こされ、何の趣味も持てなくなってしまって、ただ刹那的に時を食い潰すことしかできなくなってしまっているかもしれません(私もそうでした)。
その場合は、大変に苦しいですが、どうにかなるしかないのです。(私は、綺麗になれたわけではありませんが。)ただ、薬を飲めばきっと今よりマシにはなるだろうし、私は当時の自分に薬を飲ませたかったといつも思うものです。

もしご趣味が見つからない場合は、古典を回収したり、勉強をしたりするのが私は好きですが、やはり新しいジャンルに手を出すのは、難しいかもしれませんね。
その場合は……何かが見つかることを、ただお祈りするものです。
ただ、どうか、閉じる事だけはなさらないでください。人間、何が琴線に触れ、脳にヒットするかはわからないのです。
なんでもいいから、例えばタイムラインのやっている人を自分もやってみるとか、そういうことをするのが一番良いかと思います。
プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR