療養について

あー。
Duetというゲーム。
最近やっているんですが。
これは私の療養に本当に必要なものかもしれないなぁ、って思った。
正直、Duetのエンドレスをプレイするの、凄く躊躇ったんです。
やっている最初の30分くらい(非配信中)、良心が酷くずきずきとしたのです。

「お前はそんなことしてる場合じゃないだろう」
「もうそのゲームは終わったんだ」
「早く次の娯楽を摂取するんだ」
「療養してるんだろう?」

凄く辛いのです。
最近、最近といってももう5年くらいになるのかもしれませんが、やりこみゲーが全く出来なくなってしまったのです。
やっていると、人生を足踏みしているのに更に足踏みしているような気がして、出来ないのです。
ひたすら未消化のゲームやアニメや漫画を潰し続ける行為しか、出来なくなってしまったのです。
同じゲームを2回やったり出来なくなってしまったのです。

だけどそれは私の本質ではないはずなのです。
私はいりす症候群で45万点を出すようなキチガイだったはずなのです。
誰にも見てもらえなくとも、一人でひたすら毎日毎日着信ゼロをBGMにしてブロックを消し続けている私が、マインスイーパで爆弾を潰し続けている私が、それが私だったはずなのです。
私は最後の呵責を振り切ってようやく好きなことが出来るのかもしれません。
鬱病の最大の敵は「しなければならない」という強迫感なのです。
それを全部消さなければ私は元気にならないのです。
私は。

元の私に戻るために、私の成すべきことをします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR