貧者の幸福系の啓発本の悪意について

とある本が最近出版されていた。そしてその出版告知がはてなブログの一番上に出ていた。だから今これを書いている。
私はこういう本を見る度にクッソイライラする。作者が○大卒だろうとなんだろうと関係ねえ。そもそも私はこの本一つが特別に嫌いじゃねえ。こういう事言う奴は私の大学の教授にもいるし、というかどんな大学にもいる。○大の教授とか□大の教授にだっているよ。そしてクソみたいな本を量産してやがる。持たざる幸福だの、金があっても幸せとは限らないだの。私の文章も大概クソだがこういう奴らの悪どさには負ける。
ああ、分かるさ、お前らの言ってることは正しいよ。ぜーーーーんぶ正しい。人間金があっても幸せとは限らねえよ。何よりの証明が私だ。ウチは平均より少しだけ金あるからよ。それなのに純粋に精神的な問題で鬱病こじらせて(※かかった原因は別にあるがここまで酷くなったのは研究者になる道が絶たれたからだがそれについては今は記述しない)、今やほぼ完全な廃人ってわけ。そうだよ、金なんか幸福をなんも解決しねえ。日給100円とかレベルで貧しいなら別だけど、暮らしていけるだけのカネがあるならそれ以上幸せになれるかどうかはカネはもう関与しねーのよ。生き方生き様労働時間etcの方が遥かに係数やオーダーとしてデカくなってくる。

で、じゃあお前らの言う幸福ってなんだって話よ。
私みたいに研究者になれないなら自殺するしかないみたいな価値観持ってる人間は稀よ。そしてそれを他人に押し付けようとも思わねえ。ただ単に私がそういう風に生まれついちまっただけだからよ。
お前らの得てる幸福ってなんだよ。

承認だろ。
逃げるな。

不幸な人間が手に取りたくなるような本を出して「社会的地位なんてどうでも良いんですよ~」「自分の生き方が大事ですよ~」「価値観は多様ですよ~」「金なんて無くてもいいですよ~(こんな国ではな)」「結婚だってしなくていいんですよ~」「恋愛なんてどうでも良いじゃないですか~」とか言ってるわけだよ。この本の感想も見たし、シェアハウスによる孤独解消と経費削減、子供を複数人で育てる事による経費削減、まあ具体的で良いなと思う案もあったよ。本当は読んでから文句言いてーけど、でも私が文句言いてえのはこの本に対してじゃねーのよ。こういう本全般に対してなのよ。
こういう本ってとにかく価値観を全部ぶん投げろって言うところから始まるんだよ。社会的地位、金、恋人、配偶者、そういうのを全部捨てて生き方を大事にしろって言うわけだよ。そうしたら幸福になれるって。

でもそれっておかしいだろうが。

なんで欲望の数自体を減らして余計幸せになれるんだ?
欲望の数は多い方が良いに決まってる。全部満たされた方がハッピーだ。満たされてないなら頑張れる。自己実現も大事なことだ。もしどうしても満たされないなら、それは捨てるしかない。それは分かるけど、手に入る可能性のある人間に捨てろという理由はなんだ?

一個だけな、この手の本の著者がぜってーに捨ててねーもんがあるんだよ。

承認欲求と自信だ。

分かるだろ?

ああ、そうだ、承認欲求だ。そしてそれに裏打ちされた、自信だよ。そして信念。それだけ満たされてりゃ、金、地位、配偶者、全部いなくても人間は幸せだ。私がその生き証人だ。(あとまあ健康も大事だな。)
だから私はこーゆー本見る度にマッジでムカつくんだよ。
こういう本を読むのは大抵満たされてねー奴らだよ。金、地位、配偶者、どれかは持ってるのに承認が満たされてねーやつらだよ。そいつらに今持ってるものを捨てろ、そういうのに縛られてるから幸せじゃないんだぞ、と嘘をつくわけ。それで何で自分が不幸なのか分かってねーバカが、ははあ、なるほどなあ、自分はこういう観念に縛られてるからダメなんだなあ、って得心するわけ。嘘だよ。承認がねーからだよ。
そんで書いた奴は、この本の著者に限った話じゃねえよ、この手のプア幸福系の本全員だよ全員、「ああ、自分ってバカを騙せる文才があるんだ!なんてすごいんだろう!」って人を見下して笑ってんのよ。そんでガバガバ承認もらってるわけ。あと自分というオリジナリティ性をな。そして読者には「自分の生き方を目指そう!」とだけ言ってどうやったらオリジナリティ性が得られるのかは一切教えない。

マジでクソみたいな構図だよな。

あのさあ、私こういう本書いてる奴らに言いたいんだわ。
金、地位、配偶者、全部捨てたら承認と自分の生き方が残るわな。でも自分の生き方ってなんだ?それ他の1億人と何が違うんだ?読者一人一人にお前はそれを与えられるか?
そんなもんあるわけねえだろうが。
金と地位と配偶者で満たされた人間の方が数億倍幸せに決まってんだろーが。承認と信念があったら尚良いな。

私にはまああるよ、申し訳ないけどあるわ、金も地位も配偶者もねえが申し訳ないがそこそこ根拠のある自信も承認も信念も全部ある。人生は生きるに足りる。ここまで来るのにクッソ時間かかったがよ。だけど全部偶然だよ偶然。降ってきただけだ。努力なんてなーんもしてない。ただ日記7年続けてたら数個バカみたいに当たったのがあっただけだ。そしてそれだけを頼りに生きてる。無様な人間だが人間に必要なのって要するにそういうことだろ?そしてそれすら得られないからみんな苦しんであんな本達を手に取ってしまうんだろう?

クソが。

こいつらが言わねえから私が教えてやる。

文章を書け。絵を描け。音楽を作れ。なんでも良いから創作的な活動に手を出せ。お前が良い大学にいるなら大学院に行け。そして研究と心中しろ。心中し損ねてもお前が研究の中で得たものは絶対に創作に役に立つ。お前一人にしかそれが出来ないという点で創作と研究は同じだ。どんな駄作の山でも、だ。
勿論創作だって、似たようなもんばっかで溢れてるよ。ゴミの山だ。何作ったって似たような作品が平たく言って既に1万本はあるよ。だけど駄作を出せ。駄作でいいから出せ。生き証人が言ってやる。7年続けろ。日記ですら1個は当たる。絶対にだ。ゴミみたいな文章でも1個は当たる。7年だ。それだけで一生生きていけるんだ。ちゃんと訓練したらもっと早いぞ。安いと思わえねか?
そしてついでに古典を読んでおけ。そうしたらきっともっと当たるからな。そんでそれを古典なんて誰一人読んでないようなゴミみたいなサイトで公開しろ。お前の武器はエクスカリバー+99で他のやつがひのきのぼうしか持ってないなら勝つのはすげー簡単だ。
多分これが世界で一番簡単でお手軽な承認と幸福の得方だ。
本を読め。絵を見ろ。音楽を聞け。理論を勉強しろ。作っては直し作っては直せ。何がダメなのか考えろ。1日30分で良い。この日記は平均して1日30分も使ってねえ。だけど7年やってたら数件は当たった。1人の人間を生かすに足りた。私は文章の理論すら勉強してないけど当たるんだよ。量打てば当たる。でも何がダメなのかは毎回考えろ。気力のあるときでいい。私だって今日は気力ねえからこの文章読み直してねえよ。

私が言いたいのはそれだけだ。ゴミみたいな本と著者どもの承認ゲームに食われるな。あの手の本を読んだらお前の負けだ。承認を得ろ。悪意の塊みたいなゴミどもに勝て。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルーミア厨

Author:ルーミア厨
えへへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR